2013.06.20ビットリーブINTEROP TOKYO 2013にてBest of Show Awardのグランプリを受賞

Best of Show Award Grand Prix ビットリーブ株式会社(本社東京、以下”ビットリーブ”)は、6月12日から6月14日まで幕張メッセにて開催されたInterop Tokyo 2013において、Best of Show Awardのグランプリを受賞いたしました。

『Best of ShowAward』とは、Interop Tokyo 2013出展企業各社が展示製品の優秀性を競い合うコンテストで、ビットリーブが展示・ノミネートしたGigamon社(米国、Milpitas市)のGigaVUE-HD4 100G対応ネットワーク・モニタリングスイッチがグランプリ受賞の対象となりました。
GigaVUE-HD4のモニタリングスイッチとしての完成度の高さがが評価されたもので、まさに「今年の一品」と呼ばれるにふさわしい先進性を認めていただけたことを、Gigamon社とともに、正式代理店であるビットリーブも心から感謝いたします。

GigaVUE-HD4 100G対応ネットワーク・モニタリングスイッチ

HD4 100G対応 ネットワーク・モニタリングスイッチ GigaVUE-HD4は、データセンタに最適な高密度・高速モニタリングスイッチです。
最大マップ・フィルタ数 : 6,000

最大ポート数(構成を1種類のポート特化した場合)
1Gigポート : 176
10Gigポート : 128
40Gigポート :  32
100Gigポート :  6

GigaVUE-HD4の仕様等につきましてはこちらをご覧ください。

Best of Show Awardの受賞製品の紹介はこちらをご覧ください。

Team Gigamon and Bitrieve
受賞を喜ぶ弊社チーム(左から社長の工藤、Gigamon社ビジネスデベロップメントシニアディレクタのPang氏、営業取締役の増田)

カテゴリー: ニュース, 応用製品 投稿日: 2013年6月20日 投稿者: bitrieve