た・な・は行

波形(Wave Form)

時間軸にそってパワーが変化する様子です。 クロックの時間的基準点からパワーの変化(上昇)が始まる時間とパワーが最高点まで上昇してから下降しだす点までの時間で規定されます。 上昇や下降にどれだけの時間がかかるか、オーバーシュートやアンダーシュートがどのくらいの割合で出るかが波形の品質になります。 続きを読む »

パルス(Pulse)

インターネット上を流れる信号はとても短い時間にパワー(v, dbm)を変化させ、短い時間だけそのパワーを保持した信号(駆形波)のことです。 定められたしきい値以上であれば1(有)と認識され以下であれば0(無)と認識します。 続きを読む »

トラフィック(Traffic)

トラフィックはインターネット回線上を流れる信号を、その速さと量に注目して表す言葉です。 例えば1秒間に100万ビットの信号が流れるとき1MBpsのトラフィックが流れると言います。 続きを読む »

データ(Data)

私たちが使うデータという言葉は、コンピュータが処理をすることのできる1(高)か0(低)の電気信号の連なりを言います。 通信の場合決められたフォーマットに沿ったデータをパケットと呼ぶ場合もあります。 続きを読む »

バイパス(Bypass)

インターネット回線に監視装置などを直接インラインで接続した場合、その装置が故障しても取り外して修理することができません。 そのようなことをすればインターネット上を流れる信号を遮断することになるからです。 監視装置をアナライザのような他の装置に付け替えることも同様に不可能です。 インターネット回線と監視装置の間にバイパス機能を持ったタップをインラインで接続すれば、監視装置が故障した場合にはその装置を切り離して、インターネット上の信号の流れを止めないようにする... 続きを読む »

タップ(TAP)

タップとはネットワークを流れる信号を分岐して取り出す装置です。 UTPケーブルや光ファイバーなどの信号線を単に二股にするだけでは、分岐した個所からその先に接続された監視機器までの間で発生するノイズやインピーダンス不整合による影響でネットワーク側の通信に影響が出てしまいます。 タップは主信号経路であるネットワークに影響を与えず分岐する為の装置です。 分岐信号はLANアナライザやIDSで利用されます。 続きを読む »

ツールポート(Tool Port)

出力ポートのこと。 Gigamonでは全てのポートを自由に出力専用のツールポート、もしくは入力専用のネとワークポートに指定することができます。 その上で任意のポート間を内部接続して用途に合った構成(1対多、多対1等々)にします。 参照語句 ネットワークポート 続きを読む »

ネットワークポート(Network Port)

入力ポートのこと。 Gigamonでは全てのポートを自由に入力専用のモニタポート、もしくは出力専用のツールポートに指定することができます。 その上で任意のポート間を内部接続して用途に合った構成(1対多、多対1等々)にします。 参照語句 ツールポート 続きを読む »