ビットリーブ

  • ホーム
  • ニュース
  • 製品情報
  • 導入事例
  • サポート
  • お問い合わせ
  • 会社案内
  • » MetaGeek社 Chanalyzer Wi-Spy用スペクトラム解析ソフトウエア

    製品名MetaGeek社 Chanalyzer Wi-Spy用スペクトラム解析ソフトウエア 型番Chanalyzer 5
    製品カテゴリ Wi-Fi スペクトラムアナライザ メーカー名
    主な用途ネットワークのスループットを測定したい | 無線LANの電波状況を解析したい

    Chanalyzer(チャナライザ) は、Wi-Spyのスペクトラムデータをさまざまなグラフ表示やレポート、記録機能を持ったソフトウエアです。密度グラフ表示により、長時間にわたる電波強度分布を把握や、リアルタイムスペクトラム表示、WiFiチャンネル識別、ズーム、データ記録・再生など解析に必要な機能を簡単に操作することができます。

    >>>本製品に関するお問い合わせ



    WIFIレッスンを通じてWIFI知識をもっと深めましょう!詳細はこちらへ


    WiFi解析プロ仕様のChanalyzer

    Chanalyzer(チャナライザ) は、Wi-SpyやCisco CleanAir(オプション)で収集したスペクトラムデータをさまざまなグラフ表示やレポート、記録を行うソフトウェアです。グラフ表示により長時間にわたる電波強度分布を把握や、リアルタイムスペクトラム表示、Wi-Fiチャンネル識別、ズーム、データ記録・再生など解析に必要な機能を表示することができます。

    802.11a/b/g/n/acで使用されている無線帯域は、Bluetooth、 ZigBee、HomeRF、音響機器および電子レンジなどに使用されており非常に混雑している帯域です。そのため電波干渉などのさまざまなインターフェースの問題が多く発生します。Wi-SpyとChanalyzerにより、2.4GHz・5GHzの帯域で使用される電波を可視化して問題解決を支援します。
    特長
    • インターフェースの識別と検索機能
    • Wi-Fi 識別とスペクトラムデータの記録が可能
    • インターフェーストラブル発生時間解析
    • 単一チャンネルの高分解能表示
    • 5GHz 802.11n ハードウエア 装備
    • 干渉源を特定する
    • Wi-Fiデッドスポットの検出と排除

    干渉源を特定する
    干渉源を特定する

    Wi-Fiデッドスポットの検出と排除
    Wi-Fiデッドスポットの検出と排除

    システム要件
    • サポートOS Windows 10, 8, 7, Vista
    • MacOS 仮想化 VMware Fusion, Parallels
    • ディスプレイ解像度 1024 × 600 以上
    • フレームワーク Microsoft .NET Framework4.0以上 (4.0推奨)
    • USBポート 1.1以降
    • メモリ 4GB (推奨)
    • 無線LANアダプタ ネットワークSSIDを表示する場合必要

    デバイス自動識別
    デバイス識別

    ウォータフォールタイムフレーム
    ウォータフォールタイムフレーム

    タイムスパンによる表示
    タイムスパンによる表示

    簡単な周波数調整
    簡単な周波数調整

    タイプ別機能 Chanalyzer 5
    対応Wi-Spy DBx
    Wi-Fi ネットワークグラフ
    シグネチャ分類表示
    シグネチャ作成
    SQLite データレコード
    Wi-Fi データ表示
    ドラッグ&ズーム
    ウォータフォール・タイム・ナビゲーション
    デバイス識別
    Labアクセサリ
    デバイスファインダ (オプション)
    レポート作成 (オプション)
    Cisco CleanAir アクセサリ (オプション)

    発信源特定 Device Finder (オプション)

    Wi-Spy 指向性アンテナDeviceFinderは、2.4GHz帯のデバイスの発信源を特定するために開発されたWi-Spy用のアンテナです。ChanalyzerのDevice Finder機能を使用して、指向性アンテナの方向を変化させスペクトラムの強弱を確認することにより発信源を特定することができます。Wi-Spy2.4x及びWi-SpyDBxの両機種でご使用いただけます。
    Device Finder 仕様
    • 周波数レンジ:2.4~2.5GHz
    • インピーダンス:50Ω
    • 水平ビーム幅:60度
    • ゲイン:7 dBi

    DeviceFinder
    デバイスファインダー

    発信源特定画面

    レポート作成 Report Builder (オプション)

    電波強度分布を把握や、リアルタイムスペクトラム表示、Wi-Fiチャンネル識別などのChanalyzerで記録したグラフ表示をクリップボードに取り込み、簡易にレポートが作成できるオプション機能です。
    特長
    • Chanalyzerに表示されているグラフ、一覧画像をドキュメント化
    • PDF、Html、RichText形式にエクスポート可能
    • グラフや一覧に任意のコメントを付けて簡易にレポート作成
    • (コメントは日本語入力可能)

    CISCO CleanAir連携 (オプション)

    CISCO CleanAirオプションをインストールすると、Wi-Spyの代わりにCISCO CleanAirに対応した無線LANセンサーから情報収集することができます。

    特定分析スペクトラム解析 Chanalyzer Lab (オプション)

    Chanalyzer Lab は、すべてのWi-Spy機種に対応した、スペクトラム解析ソフトウエアです。手動でのWi-Spyのコンフィグレーションが可能で、周波数範囲やスパンなどを自由に設定することができます。
    特長
    • Wi-Spyへの手動コンフィグレーション
    • カスタム設定の保存と作成
    • 全ての周波数帯のデューティサイクル表示
    • 周波数・強度マーカの作成
    • 同時に複数のWi-Spyを使用可能
    • グラフの色調整が可能

    周波数手動設定
    周波数手動設定

    カスタムHW設定カスタムHW設定

    ポインタ測定表示ポインタ測定表示

    ドラッグ&ズームドラッグ&ズーム

    マルチデバイスサポートマルチデバイスサポート

    カスタムグラフ色カスタムグラフ色

    この製品に関するFAQ