ビットリーブ

  • ホーム
  • ニュース
  • 製品情報
  • 導入事例
  • サポート
  • お問い合わせ
  • 会社案内
  • » Wi-Spy Air Viewer  Metageek社

    製品名Wi-Spy Air Viewer  Metageek社 型番Wi-Spy Air
    製品カテゴリ プロトコルアナライザ メーカー名Metageek@Metageek
    主な用途

    Wi-SPY Airは、無線LANの電波干渉問題、設定ミスの確認、通信の再送問題を短時間で把握しそれらの関連性を調査するために利用できます。今までは、それらの情報は、別々の機器を使い個別の調査した内容を比べ合わせながら行ってきましたが、Wi-SPY AIrは、一台で画面を切り替えながら問題の関連性を把握できるために、短時間で無線の問題の切り分けが可能です。

    Wi-SPY AirはWiFi無線LANトラブルシュートツール(iOSとAndroid対応)


    Air Viewer App:WLANコマンドセンター

    無線LANの構築後に無線のレイヤ1と2の情報を取得し通信の再送の頻度を把握したり電波干渉によりそれらの問題が発生しているかを同時に確認できるために、再送の原因が電波干渉によるものなのか、を確認できます。また、クライアントからの問題提示に対して、検証できるために、クライアントのPCの速度低下が無線LANによる原因なのかを切り分けできます。


    • グラフとカードの両方の形式で一目で高トラフィックレベルのネットワークデータを確認、詳細なネットワーク情報を取得するためにドリルダウンする。
    • 電波の干渉と使用率の問題を発見して、チャネル計画を微調整します。
    • クライアントの視点から見たバンドステアリングやローミングの問題など接続性の問題を詳細に説明したクライアントの詳細情報
     
     
     
    【利用イメージ】

     
    リアルタイムにネットワークの状態把握
    Wi-SpyAirは、、ネットワークや近隣ネットワークを含むワイヤレス環境の視覚的な概要がすぐに表示します。 2.4GHzと5GHzのWiFi帯域のチャネル配置、チャネル幅、信号強度が確認できます。 ネットワーク名、信号強度、または最大データレートの順番で表示を並べ替えが可能なため調査したい情報を容易に取得するや絞り混みが可能です。

    無線のレイヤ1およびレイヤ2を可視化
    無線LANのトラブルシュートで、信号強度とチャネル配置だけでは、すべてを把握したことになりません。Wi-Spy Airは軽量のスペクトラムアナライザー機能もあり、豊富なレイヤー1情報の取得も可能となります。2.4 GHzおよび5 GHzスペクトルビューのオンとオフを切り替えて、輻輳と干渉の問題を特定します。レイヤ1画面では、信号干渉問題の調査 また、レイヤー2側では、利用率と接続クライアント数を表示して、これらの情報によりチャネル計画の決定を支援します。 SSID毎のチャネル、セキュリティタイプ、phyタイプ、最大データレート、SNR、クライアントなどの詳細をし無線LANの健全性を保つお手伝いをします。

    接続端末の状態把握
    Wi-Spy Airは、クライアントの視点から接続の問題を特定できるように、ユーザーを念頭に置いいた設計となっています。再送レート(Retry)、使用率(Utilization)、および接続データレート(Data Rate)を監視することにより、クライアントとアクセスポイント間の通信状態を確認します。ローミング履歴ログを使用することでバンドステアリングとローミングの問題を特定できます。Wi-Spy Airを持ち機器に搭載されたWiFiチップを使用して環境内を移動することで信号強度を追跡でき、事前にユーザーの無線LAN利用状況をシミュレーションできます。


     ネットワーク詳細画面(1)

     ネットワーク詳細画面(2)  ネットワーク詳細画面(3)