ビットリーブ

  • ホーム
  • ニュース
  • 製品情報
  • 導入事例
  • サポート
  • お問い合わせ
  • 会社案内
  • » リンクフォールトディテクト(LFD)機能とは。

    10/100/1000Base-Tタップのネットワークポートにはリンクフォールトデテクト機能が備わっています。 1000Base-Tのタップのネットワークポートはそれぞれのポートに接続されている機器と個別にリンクを確立させます。 リンクフォールトディテクト機能がオンになっている状態でどちらかのリンクがダウンした場合、タップは他のポートのリンクも強制的に中断します。 それにより強制的にリンクが中断されたポートに接続されているネットワーク機器は他のポート側の不具合を感知して短時間にネットワークの冗長パスをアクティブにすることができます。 リンクフォールトディテクトを機能させるためには両端とも全二重の同スピードのリンクに接続されていることが必要です。